バイト探しにおすすめの求人サイトは?人気7社を徹底比較!

2016年3月10日

バイト探しにおすすめの求人サイト比較

バイト探しに欠かせないのが「求人サイト」。求人サイトを使えば、その場ですぐにバイトを検索、応募ができます。

でも、求人サイトもいろいろあり、どれをどう使えばいいか?迷う方も多いのではないでしょうか。バイト探しの前に、求人サイト探しで時間をとられてしまっては時間がもったいないです。

そこでこの記事では、バイト探しにおすすめの求人サイトをまとめてご紹介。それぞれ特色が異なる求人サイトをご紹介するので、ぜひご参考にしてください。

求人サイト探しに困っている方はぜひご参考に。

おすすめ求人サイトを今すぐ見る

「求人サイト」とは

スマホでバイト探しをしている女性

  • 誰でも無料で使える
  • アルバイトが探せる
  • 気になった求人に応募できる

「求人サイト」とは、オンライン上で求人情報の提供や労働に関連するノウハウ情報を提供するサイトのこと。もっとわかりやすく言うと、「働きたい人」と「働ける人を探しているお店」を結ぶサイトです。

バイトを探しを手伝ってくれるのが求人サイトです。

人手不足により働ける人を探しているお店は、求人サイトにお金を支払って求人を掲載します。求人サイトには、そういったお店があつまり、たくさんの求人情報が掲載されています。

求人サイト側は、働きたい人が自分にあったお店を探しやすいように、勤務地や職種などから絞れるように工夫がされています。

求人サイトもいろいろあり、掲載されている求人情報も違います。「この求人サイトには掲載されているけど、この求人サイトには載っていなかった」なんてことはよくあります。まずは、いくつかの求人サイトを使い比べて、自分にピッタリのバイトを見つけることが重要です。

スポンサーリンク

どんな求人サイトがある?

では、求人サイトにはどんな種類があるのでしょうか?

求人サイトと言っても、CMでよく見るような知名度の高いサイトや、あまり知られていないけど「お祝い金」がもらえるお得な求人サイトなどさまざまあります。

ここでは、人気の求人サイトから個性の強い求人サイト7つをご紹介します。

掲載している求人が違うので、一通りチェックしてみてください。

マッハバイト(旧:ジョブセンス)

マッハバイトのスマホ画面

サイト名 マッハバイト
求人数 約200,000
対応エリア 全国
お祝い金 あり

2017年に「ジョブセンス」から「マッハバイト」へとリニューアルし、使いやすさがパワーアップした求人サイト。サイトがシンプルで見やすく、ストレスなくバイトを探せます。

2019年4月にユーザー満足度No.1を獲得。

求人数が多く、お祝い金制度もあります。アルバイトEXと比べるとお祝い金の額は少ない(最大10,000円)ものの、最短翌日に振り込み。金欠のあなたにおすすめ!

公式サイト

アルバイトEX

スマホ版アルバイトEX

サイト名 アルバイトEX
求人数 約1,000,000
対応エリア 全国
お祝い金 あり

日本最大級の求人サイト「アルバイトEX」。20社以上の求人サイトをまとめて検索ができるからとにかく求人数が豊富。お祝い金制度も導入。もれなく3万円、Wお祝い金(キャンペーン期間中)は最大11万円。

タウンワーク

タウンワークのスマホ画面

スポンサーリンク

サイト名 タウンワーク
求人数 約900,000
対応エリア 全国
お祝い金 なし

こちらもテレビCMで話題の、認知度の高い人気求人サイト。就転職サイトを運営する「リクルートホールディングス」が運営しています。

求人数が多く、定番の長期バイトから短期・単発バイトまで幅広く探せます。検索機能も充実しているので、希望の条件を細かく絞って探すことも可能。

公式サイト

バイトル

バイトルのスマホ画面

スポンサーリンク

サイト名 バイトル
求人数 約1,600,000
対応エリア 全国
お祝い金 一部あり

求人数は100万件以上!人気アイドルを起用したテレビCMでもおなじみの求人サイト「バイトル」。マスコットキャラクターは赤いネズミの「バイチュー」。

求人数が多くて使いやすいことから、過去にユーザー満足度No.1(回答サンプル数1,000 調査機関:楽天リサーチ)にも輝きました。

気になるバイト先の雰囲気は、写真はもちろん、動画でも紹介してくれるのはこの求人サイトだけ。働き方のノウハウを提供するコンテンツも充実。

公式サイト

タイミー

タイミーのスマホサイト

サイト名 タイミー
求人数 約10,000
対応エリア 関東/東海(名古屋)/関西/九州
お祝い金 なし

タイミーは「単発アルバイトのマッチングアプリ」。「空いたその日、その時間だけ働きたい人」と、「今すぐ人手が欲しいお店」をつなぐワークシェアリングサービスです。

サイトではなくアプリなので、スマホに公式アプリをダウンロードする必要があります。もちろん、アプリダウンロードも求人検索・応募も完全無料。

対応エリアは限られており、求人も都心部中心です。

公式サイト

リゾートバイト.com

リゾートバイトドットコムのスマホ画面

サイト名 リゾートバイト.com
求人数 約3,000
対応エリア 全国(主に観光地)
お祝い金 なし

観光地で働く「リゾートバイト」に特化した求人サイト。リゾートバイトとは、観光地にある観光施設で長期間働くこと。

リゾートバイト専門の求人サイトはいくつかありますが、業界No.1の高時給を誇るのが「リゾートバイト.com」。求人数は少なめですが、リゾートバイト以外の求人が表示されないので探しやすさはバツグン。リゾートバイトに興味があるならぜひチェックしてみてください。

ショットワークス

ショットワークスのスマホ画面

スポンサーリンク

サイト名 ショットワークス
求人数 約7,000
対応エリア 全国
お祝い金 なし

短期・単発バイト専門の求人サイト「ショットワークス」。

他の求人サイトでも短期・単発バイトを探せないこともないですが、それだと長期バイトも一緒に表示されてしまい、非常にストレスです。でも、「ショットワーク」は短期・単発バイトのみを取り扱っているので、「1日だけ働きたい!」といった人のニーズを満たしてくれます。

公式サイト

目次に戻る

求人サイトはどう選ぶ?

求人ネットワークのイメージ

求人サイトの選び方は人それぞれですが、ポイントは

の3つ。

1つずつ見ていきましょう。

ポイント1:専門性

求人サイトによって取り扱っている求人の種類が異なります。

たとえば、「アルバイトEX」「マッハバイト」「バイトル」「タウンワーク」などは、長期バイトを中心に短期・単発からパートまで幅広い求人を取り扱っています。一般的なアルバイトを探している方は、こういった求人サイト使いましょう。

一方、「タイミー」「リゾートバイト.com」「ショットワークス」などはちょっと特殊。「タイミー」はその場ですぐに働ける求人を、「リゾートバイト.com」は観光地のバイトを、「ショットワークス」は短期・単発バイトのみを取り扱っています。長期バイト以外を探している方は、こういった求人サイトがおすすめ。

このように、求人サイトによって取り扱っている求人がまったく異なるので、自分の希望の働き方にあわせて求人サイトを選ぶことが大切です。

ポイント2:求人数

求人サイトによって、紹介している求人数に大きな差があります。当然ですが、求人数が多ければ、いろんなバイト先と比較ができ、選択肢も広がります。

ただし、求人数が多ければ良いということでもなく、「タイミー」「リゾートバイト.com」「ショットワークス」などは量よりも専門性を重視していている求人サイトもあります。サイトを選ぶときの判断材料にしましょう。

ポイント3:特典

最近増えているのが、「お祝い金」「ボーナス」と呼ばれる特典を設けている求人サイト。

この特典のある求人サイトからバイトに応募し、採用が決定するとお金がもらえるんです。ちょっとしたボーナスみたいなものですね。

ところが、この「お祝い金制度」がない求人サイトで応募してしまうと、お祝い金はもらえません。お店に直接電話で応募しても、お祝い金はもらえません。

同じ求人でも、「あっちの求人サイトだとお祝い金をもらえたのに、この求人サイトではお祝い金をもらえなかった!」という事態も考えられます。お得にバイトを探したいのなら、お祝い金のある求人サイトを選びましょう。

どうせ同じバイト先で働くなら、お祝い金をもらわないと損ですよ。

目次に戻る

おすすめの求人サイトは?

一般的な長期バイトを探している方におすすめなのが、マッハボーナスがもらえる「マッハバイト」。

マッハボーナスとは採用祝い金のことで、マッハバイトからバイトに応募し、採用後に働くともらえます。金額は最大で1万円。期間限定でそれ以上になることも。

ほかにもお祝い金制度のある求人サイトはいくつかありますが、手続きが面倒だったり、申請までに時間がかかったりと不便ですが、マッハバイトは手続きが簡単で振込も早かったです。

求人数が多くてお祝い金もしっかりもらえるおすすめの求人サイトです。

\今すぐ検索/

求人サイト以外で探す方法は?

求人サイト以外でバイトを探す方法

アルバイトは、求人サイトを使わなくても探すことができます。

求人サイトには載っていないバイトが見つかることもあります。

お店に直接確認

アルバイトを募集しているお店であれば、店頭に「アルバイト募集中」の貼り紙が貼られています。だいたいの場合、勤務時間や時給が記載されています。求人に関して分からないことがあれば、電話で確認しましょう。

フリーペーパー

コンビニや駅などに、フリーぺーパーの求人誌が設置されていることがあります。フリーペーパーは、「タウンワーク」や「Job aidem」など、大手の求人サイトが無料で配布しています。

掲載内容は週ごとに変わり、情報がすぐに古くなってしまうデメリットがありますが、紙媒体が好きな方はぜひ利用してみましょう。

友達に紹介してもらう

友達が働いているバイト先の人手が足りない場合、紹介してもらうこともできます。

友達が働いているのなら職場の雰囲気や仕事内容を教えてもらえるので、安心して働けるでしょう。

周りの友人でバイトをやっている人がいるか、確認してみましょう。

目次に戻る

まとめ

求人サイトは、働けるお店をすぐに無料で検索・応募ができる便利なツールです。ぜひ積極的に活用し、自分に合ったアルバイトを見つけましょう。

求人サイトではなかなか見つからないときは、働きたいエリアを散策して「アルバイト募集」の貼り紙をしているお店を探したり、友達から紹介してもらう、といった手段も考えられます。

さまざまな探し方を駆使して、理想のバイトを見つけてみてくださいね。

バイト探しはなかなか大変だとは思いますが、採用されたらそのお店とは長い付き合いになるので、手を抜かずに根気よく探しましょう。

-アルバイトの求人サイト

© 2020 バイトのススメ