ホームセンターのバイトの評判

ホームセンターのバイトの仕事内容は?経験者が語るリアルな評判

更新日:

ホームセンターのバイト経験を踏まえて、仕事内容やきつかったことなどを中心にご紹介します。これからホームセンターのバイトに応募しようと思っている方のご参考になれば幸いです。

「ホームセンター」ってどんなバイト?

ホームセンターのバイトの概要

働きやすさ
時給の高さ
シフト調整

ホームセンターの代表例としては、

  • 島忠
  • コーナン
  • セキチュー
  • ビバホーム
  • カインズホーム
  • ケーヨーデイツー
  • ダイユーエイト

などが挙げられます。

どのホームセンターも売り場面積が広いですが、その分、仕事内容は売り場ごとの担当制だから安心。初心者でも安心して働けます。

働く年齢層は、20代~40代と幅広く、学生や主婦が中心となって働いています。

ホームセンターのレジの仕事内容

ホームセンターのレジの仕事内容

ホームセンターのバイトには、「レジ」と「売り場」の2種類があります。

まずは、ホームセンターのレジの仕事内容をご紹介します。お会計がメインのレジは、女子学生のバイトや主婦のパートとして人気。

レジはお会計がメイン

レジスタッフの主な仕事内容は次の通り。

  • お会計
  • 袋詰め
  • 包装
  • 接客
  • 精算

ホームセンターのレジは、スーパーのレジと同じで、お客様が持ってきた商品を会計し、袋詰めを行います。

売り場と違って重い物を運ぶ作業が少ないため、主婦のパートや女子学生のバイトとして人気のポジションです。

お客様から質問されたら?

レジに立っていると、お客様から質問されることが多々あります。聞かれてもよく分からなかったら、とりあえず「サービスカウンター」にパスすればOKです。

レジのバイトのきついところは?

レジは現金を扱うため、人によってはストレスを感じるかもしれません。

休日になるとレジに行列ができるほど混雑し、「お客様を待たせている」と焦ってしまうことも。品出しスタッフのように自分のペースで仕事ができないため、レジが混雑する休日には気疲れするでしょう。

ホームセンターの売り場の仕事内容

ホームセンターの売り場の仕事内容

次に、ホームセンターの売り場の仕事内容をご紹介します。

ホームセンターの売り場は、カテゴリーごとに細かく分けられています。売り場は力仕事が多いため、男子学生や主夫におすすめ。

面接で希望の売り場を聞かれることもあるので、自分が興味のある売り場を見つけておきましょう。

売り場は品出しがメイン

売り場スタッフの主な仕事内容は次の通り。

  • 品出し
  • 検品
  • 廃棄チェック
  • 在庫チェック
  • 接客
  • 袋詰めの応援

売り場のスタッフは、お店の倉庫に納品された商品を、ひたすら売り場に陳列します。決められた商品を時間内にこなせば良いので、レジのように焦ることはありません。

売り場によっては、かなり大きな商品を運ぶこともあります。重い商品を高い位置に並べることもあるので、力のある男性が活躍できます。

接客も行う

売り場は裏方ですが、お客様の接客もします。品出しをしているときに、商品の場所を尋ねられることはよくあります。

たとえば、「〇〇を探しているんだけど」「〇〇ってどこに置いてあるの?」といった具合に。

広い店内のどこに商品があるのか?は、店員ですら把握ができません。お客様から質問された場合は、一緒に探しながら徐々に覚えていきましょう。

売り場のバイトのきついところは?

ホームセンターの売り場スタッフの大変なところは、重い荷物の運搬です。洗剤が大量に入ったケースや、トイレットペーパーが何個も入った段ボールを運ぶのは、相当な重労働。腰を痛める人も多かったです。

段ボールや紙製品の品出しをしているときに、紙に手の油を吸い取られ、手が乾燥することもしばしば。

ホームセンターでバイトをするメリット

ホームセンターで働くと、以下のようなメリットがあります。

  • 日用品が安く買える
  • 安定して長く働ける
  • 商品に詳しくなれる
  • ルーチンワークだから楽

仕事内容は各売り場の担当制になっているので、基本的に覚えることは少なく、同じ作業の繰り返し。レジならお会計だけ、売り場なら品出しだけ。この作業を繰り返していると、時間がアッという間に過ぎます。

また、ホームセンターで働けば、バイトやパートでも社割で商品を購入できます。食料品や日用品などがそろっているため、生活費を安くおさえたい主婦や1人暮らしにもおすすめ。

経験者の評判は?ホームセンターあるある

ホームセンターでバイト経験者がある知り合いに、評判を聞いてみました。一部をご紹介するので、応募前のご参考にしてください。

私の働いていたホームセンターでは、出勤すると朝礼や夕礼から始まりました。内容は、声出しと注意事項の説明。朝礼や夕礼の時間は決まっていたので、学校帰りにシフトに入った場合は行いません。
田舎のホームセンターって面積が広いから、店内の移動が大変。お客様に案内するときも一苦労。
お客様から商品の説明を求められることもありましたが、基本的に商品の裏に説明があるので、一緒に読んで理解しました。分からなかったら社員に助けを求めれば解決します。
ホームセンターで働くにあたって、特別なスキルや資格が必要だと感じたことはありません。高校生の私でも気楽に働けたので、はじめてのバイトとしてもおすすめです。

まとめ

ホームセンターのバイトには、「レジ」と「売り場」の2種類があります。

レジバイトは混雑すると焦ってしまいますが、力仕事がなく、体力的には楽。女子学生のバイトや主婦のパートとしておすすめできます。

品出しバイトは力仕事が多いポジションですが、接客は比較的少なく、マイペースに仕事ができます。男子学生や主夫におすすめのバイトです。

時給はそこまで高くはありませんが、他と比べても楽なバイトです。気になる方は求人サイトを使って検索してみると良いでしょう。

【2018年10月版】求人サイトランキング

アルバイトを探しているあなたにおすすめの、使って良かった求人サイトTOP3をご紹介するので、ぜひ利用してみてください!

【第1位】マッハバイト

求人数200,000件以上!最大10,000円のボーナスが全員にもらえる超オトクな求人サイト。ボーナスは最短翌日に受け取れます。

【第2位】バイトル

求人数が多くて使いやすいことから、ユーザー満足度No.1に選ばれた求人サイト。職場を動画で紹介してくれる機能もバイトルならでは。

【第3位】アルバイトEX

日本最大級の求人サイト。21社の求人情報を一括で検索・応募ができます。30,000円のお祝い金キャンペーンも実施中!

徹底比較
バイト探しにおすすめの求人サイト比較
バイト探しおすすめ求人サイト

続きを見る

関連記事と広告

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2018 All Rights Reserved.