アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイト応募のコツ

【履歴書】「令和元年」と「令和1年」どっちが間違い?

更新日:

【履歴書】「令和元年」と「令和1年」どっちが間違い?

2019年5月1日に平成から令和に改元されたことで、2019年5月~12月までの元号名を「令和元年」と書くべきか?それとも「令和1年」と書くべきか?と混乱する人も多いのではないでしょうか。

特に、アルバイトやパート応募をする方においては、履歴書やエントリーシートの「学校の卒業年月」や「免許・資格の取得年月」の記載の仕方に困りますよね。

では、「令和元年」と「令和1年」はどちらが間違いなのでしょうか?解説します。

「令和元年」と「令和1年」どっち?

令和1年は間違い

令和1年と記載するのは間違いです。正しくは、「令和元年」です。

たとえば、資格や免許の取得が2019年5月なら、取得年月に「令和元年5月」と記載します。

免許・資格
令和元年5月普通自動車第一種運転免許

過去の元号「平成」や「昭和」を振り返ってみても、「平成1年」「昭和1年」という記述はありません。必ず、「平成元年」や「昭和元年」と表記されています。

もし「令和1年」と誤った記載をしてバイトに応募してしまうと、「この人は常識がない」と面接官に思われ、書類選考で不採用になってしまうかもしれません。気を付けましょう。

略号の正しい記載

元号は、英数字の略号で記載する場合があります。たとえば、平成31年ならH.31と記載します。

令和元年の略号は、「R.1」が正しい記載です。「R.元年」「R.元」などと記載するのは間違いです。

令和の改元時期

令和の改元時期は2019年5月1日です。

令和(れいわ)は、日本の元号の一つ。平成の後。大化以降248番目の元号。第126代天皇徳仁(今上天皇)が即位した2019年(令和元年)5月1日から現在に至る。

出典:令和 - Wikipedia

2019年12月31日までが「令和元年」で、2020年1月1日より令和2年となります。

元号と西暦のどっちで書くべき?

日本において、年の表記は「元号(和暦)」と「西暦」の2種類があります。元号は、前述した「平成」や「令和」などで、西暦は「2019年」といった表記です。

一般的に、履歴書などの公的な書類では和暦を用います。市役所の書類では、すべて和暦を用いますよね。

もちろん、西暦で記載しても間違いではありませんが、もし西暦で書くときは、和暦と西暦表記が混在しないように注意しましょう。例として、学校の卒業年月は20××年と記載し、資格の取得年月は令和×年と書くのは間違いです。

まとめ

2019年5月~12月までの元号名は、「令和元年」が正解です。「令和1年」は間違っています。ただし略号の場合は「R.1(年)」が正解で、「R.元年」は間違いです。気を付けましょう。

あなたへのおすすめ

\この記事をSHARE/

-バイト応募のコツ

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.