おすすめのバイト

早朝バイトってきつい?働いて分かった3つの苦労

早朝バイトのきついところ

ちょっと頑張って早起きすれば、高時給で効率よく稼ぐことができる「早朝バイト」。どんなところがきついのか?

学生のころに朝6時~9時勤務のバイトを1年間続けて分かった、早朝バイトのきついところを中心にご紹介します。

きついこと1:早起き

早朝バイトの一番きついところは、早起きです。6時出勤の早朝バイトだったため、5時半に起きなくてはなりませんでした。

特に、冬の朝はきつかったです。寒くて起きるのは大変ですし、寒すぎてお腹を壊すことは日常茶飯事。バイト先に到着したら、真っ先にトイレに駆け込む…なんてことも。

私はもともと早起きが苦手ではなかったものの、朝5時台に起きるのはかなり大変でした。ですが、1週間ほどで慣れて、1カ月もすると勝手に早朝に目が覚めるようになりました。

学生の頃のこの生活習慣が体に身に付き、社会人になった今でも、早起きするのが習慣になっています。

きついこと2:早寝

早朝バイトが大変なのは、早起きだけではありません。前日に「明日は朝5時起きだから…」と、早寝しなければなりません。

1日のサイクルは、朝5時半に起きて6時~9時まで早朝バイト。そのあと夕方まで大学の授業に出て、夕方は別のバイトに出るか自由な時間。次の日に早朝バイトがあるなら、夜11時(早くて10時)までには布団に入るって感じです。

早朝バイトの前夜に飲み会に誘われても、断ったり途中で帰ったりと、夜遊びができなくなるのがきついかもしれませんね。

また、はじめのうちはなかなか早寝できないため、何日かは寝不足が続くでしょう。

きついこと3:朝の通勤ラッシュ

早朝バイトを探すときに気を付けたいのが、お店の立地です。立地によっては、早朝の通勤ラッシュでかなり忙しくなります。

たとえば、繁華街の駅前のコンビニ。

朝の7時くらいにお弁当やおにぎりなどの入荷があり、そのすぐ後に通勤ラッシュが来ます。レジにはサラリーマンや学生の行列ができ、みんな「電車に乗り遅れたくない!」とせかせかしています。

ホントに焦ります。忙しいので時間が過ぎるのがアッと言う間でしたが、疲れるのでおすすめしません。

逆に、繁華街や駅前から離れた早朝バイトはかなり楽でした。接客もほとんどなく、清掃や品出しが中心だったのでマイペースに仕事ができますよ。

まとめ

早朝バイトを経験して「コレはきつかったなぁ」と思ったのは、早寝・早起きと通勤ラッシュの忙しさです。

でも、今では早朝バイトのおかげで寝坊することもなくなり、朝に強くなりました。大変でしたが、早起きの習慣が身に付いて良かったと思っています。

早朝手当ても付くので、高時給も期待できますよ。

\【2019年9月最新版】/

求人サイトランキング

数ある求人サイトの中から、今人気のTOP3を紹介!バイト探しで迷っているあなたは要チェック!

第1位:マッハバイト

2019年ユーザー満足度No.1を獲得した求人サイト!マッハボーナスという独自のお祝い金制度があり、実際にこのサイトで10,000円をもらえました。

第2位:バイトル

人気アイドルのテレビCMでお馴染みの求人サイト。求人数が多いだけではなく、バイト先の雰囲気を動画でチェックできる機能もあり、探しやすさはバツグン!

第3位:アルバイトEX

「an」など20社以上の大手サイトの求人を一括検索できるモンスターサイト!ココで見つからなければ、もはや諦めるしかない!?

あなたへのおすすめ

-おすすめのバイト
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.