アルバイトのオンライン面接(動画面接)では何に注意すべき?

2020年6月17日

アルバイトのオンライン面接(動画面接)では何に注意すべき?

スポンサーリンク

今までのアルバイト面接は、応募したアルバイト先のお店や、そのお店が指定した場所に行き、対面で面接をするのが一般的でした。

ところが、2020年の新型コロナウイルス感染症の影響からテレワークや在宅勤務が広まり、同時に、オンライン面接を採用する企業も多くなりました。アルバイトの面接も例外ではなく、自宅でリアルタイムに行うリモート面接ができるようになりつつあります。

では、対面での面接とは異なるオンライン面接を受ける際、どのような点に注意すべきなのか?まとめました。

はじめてオンライン面接を受ける方はぜひチェックしてください。

「オンライン面接」とは?

「オンライン面接」のイメージ

オンライン面接=スマホ・パソコンのビデオ通話機能を利用した面接

オンライン面接とは、対面ではなく、スマホやパソコンのビデオ通話機能を利用したオンライン上の面接です。呼び方は「動画面接」「ウェブ面接」「リモート面接」などさまざまですが、どれも同じ面接スタイルを指します。

ビデオ通話のような形式で行う面接です。

お店に行かないため気軽に面接ができるオンライン面接ですが、面接であることには変わりありません。一般的な面接のマナーのほか、オンライン面接ならではの注意点があるのでチェックしましょう。

何が必要?オンライン面接の準備

オンライン面接に必要なモノ

  • スマートフォンまたはパソコン(カメラ付き)
  • インターネット環境
  • アプリなどのツール
基本的に、スマホがあればオンライン面接はできます。

スマートフォンまたはパソコン(カメラ付き)

オンライン面接を受けるには、スマホかパソコンが必須です。学生でまだ自分のスマホを持っていない場合は、親のスマホかパソコンを借りると良いでしょう。

パソコンの場合は、WEBカメラが必要です。パソコンによってはカメラが内蔵されていないこともあるので、その場合は別売りのWEBカメラを用意する必要があります。

スポンサーリンク

インターネット環境

オンラインで行うため、スマホまたはパソコンがインターネットに接続されている必要があります。

インターネット環境が不安定だと、面接の途中で途切れたり、画面がカクカク動いたりといった不具合が発生します。パソコンの場合、こういったトラブルを回避するためにも、インターネットは無線で接続する(WiFiに接続する)よりも有線で接続する(ケーブルで接続する)ことをおすすめします。

アプリなどのツール

応募先の企業によっては、オンライン面接の専用ツールを使うことがあります。専用ツールであれば、ダウンロードしたり、登録が必要なこともあります。この場合は事前に案内があると思いますので、早めに準備を済ませましょう。

オンライン面接5つの注意点

  1. スマホは手に持たない
  2. 騒々しい場所は避ける
  3. 面接らしい服装や髪型で臨む
  4. 部屋の背景に気を付ける
  5. SNSなどのアプリは終了しておく

スマホは手に持たない

スマホを手に持ってオンライン面接を受ける女性

手に持つと手ブレが気になる

スマートフォンでオンライン面接を受けるなら、手に持たずに机やスマホスタンドに置きましょう。

手で持ったままオンライン面接を受けてしまうと手ブレが起きます。また、メモが必要なときにも両手があいていないと不自由です。不安定な場所に立てかけるのもNG。ふとした瞬間に倒れてしまうと、面接官に迷惑をかけます。

しっかりと固定して置き、両手はあけておきましょう。

スポンサーリンク

騒々しい場所は避ける

騒音

騒々しい場所だと面接に集中できない

自宅のリビングだと、家族が写ってしまったり生活音が面接官に聞こえてしまうことがあります。カフェなどの屋外だと騒音で双方の声が聞こえなくなってしまうことも。騒々しい場所は避け、静かでオンライン面接に集中できる環境を選びましょう。

オンライン面接に適した場所は、自宅の自分の部屋。この場合も、窓を締めたり音楽を消すといった配慮が必要です。

マイク付きのイヤホンを装着するのもおすすめ。

面接らしい服装や髪型で臨む

だらしない服装と髪型でオンライン面接を受ける女性

部屋着や寝ぐせは印象が悪い

自宅にいながら手軽に面接を受けられるのがオンライン面接のメリットですが、「家だから」と気を抜かずに。パジャマなどの部屋着に寝ぐせは論外。対面での面接と同じように、清潔感のある服装や髪型で臨みましょう。

女性であれば、すっぴんに自信があっても、ナチュラルメイクくらいはしておいたほうが良いでしょう。

部屋の背景に気を付ける

部屋の背景に映るポスター

ポスターなどが映らないように

オンライン面接では、人物の背景も写ってしまいます。自宅であれば、自分の部屋の背景が面接官に見えてしまうのです。

趣味のポスターやカレンダー、脱ぎ捨てた服などが写らないようにしましょう。部屋が片付いていないからと言って不採用にされることはないと思いますが、印象が良くないのは確か。整理整頓しておくことをおすすめします。

背景は、何も飾っていない壁面を移すようにすると良いでしょう。

また、動画は顔が暗く映りがちです。部屋が暗いと顔色も暗く見えて印象が良くありません。部屋の照明をつけて明るくしたり、外の光がたくさん入る窓際でオンライン面接を受けると良いでしょう。

背景が映らないようにし、室内は明るくしておくと好印象。

スポンサーリンク

SNSなどのアプリは終了しておく

スマホの通知音に頭を抱える男

SNSなどの通知音が鳴ると面接に集中できない

オンライン面接中にSNSなどのアプリの通知音が鳴ってしまったり、誤って動画アプリや音楽アプリを起動して流れてしまわないよう、不要なアプリは終了しておき、通知もOFFにしておくことをおすすめします。

まとめ

オンライン面接は手軽に面接を受けられます。ただし、面接であることに変わりはありませんから気を抜かないこと。

家族と同居している方は、オンライン面接の時間帯を事前に家族に知らせておき、面接中は静かにしてもらうなどの協力をお願いすることも大切です。

対面と同じときのように気を引き締めて面接に臨みましょう。

あなたへのおすすめ

-アルバイトの応募
-

© 2020 バイトのススメ