アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの辞め方

「バイトを辞めたい」と伝え「代わりの人を探して」と言われたら?

更新日:

「バイトを辞めたい」と伝え「代わりの人を連れて来い」と言われたら?

受験や家庭の事情など、やむをえない事情でバイトを辞めなければならないのに、店長に「辞めたい」と伝えても、なかなか辞めさせてくれないケースがあります。

辞めさせてくれない理由はそれぞれですが、多くの場合「人手不足だから」です。

お店によっては、「辞めるんだったら、代わりの人を探してほしい」と要求することがありますよね。

果たして、アルバイトはそこまでする必要があるのでしょうか?解説します。

代わりの人を探す必要はない

バイトを辞めるのに、あなたの代わりとなる人を探す必要はありません。

「誰かが辞めたら、人手不足でお店が回らなくなる」という原因を作ったのはお店であり、その責任を負うのもお店です。当然、辞める人の代わりを探すのもお店の仕事です。アルバイトにその責任を負わせるのは間違っています。

働く人には辞める権利があります。

辞めてお店に迷惑を掛けたくない気持ちも分かりますが、こういったお店の勝手な要求は無視しましょう。

あなたのバイト先は大丈夫?「ブラックバイト」10の特徴

アルバイトの中には、学生の学業に支障が出るような職場環境であったり、違法性のある働き方をさせるバイトがあります。いわゆる「ブラックバイト」ですね。この記事では、ブラックバイトによくある特徴をまとめました。あなたのバイト先は大丈夫ですか?確認しましょう。

続きを見る

辞めさせてくれない場合はどうする?

辞めたいのに人手不足を理由に辞めさせてくれないのなら、「労働契約」を確認しましょう。

労働契約には

  • 働く期間が定められている
  • 働く期間が定められていない

の2パターンがあり、期間が定められているか?いないか?で対応が異なります。

働く期間が定められている場合

働く期間が定められている場合、たとえば1年間や2年間と決められているなら、その期間が終了するときに自動的に辞められます。

期間の途中で辞めるのなら、「やむを得ない事由」が必要です。

受験や就職活動、引っ越しなど、どうしても辞めなくてはならない理由があれば、お店が認めなくても、「辞めます」と言ってから2週間後に辞められます。

つまり、働く期間が定められている場合でも、「やむを得ない事由」があれば、お店側の合意がなくても途中で辞められるのです。

働く期間が定められていない場合

働く期間が定められていない場合、いつでも、どんな理由でも、2週間前に申し出れば辞められます。

やむを得ない事由は必要なく、ただ「なんとなく辞めたい」といった理由でも、辞めることができるのです。

つまり、働く期間が定められていない場合、お店側の合意がなくても「辞めます」と伝えて2週間経ったら辞めて大丈夫です。

まとめ

バイトを辞めるときに、代わりの人を連れてくる必要はありません。

代わりの人を探すのはお店の仕事であって、バイトの仕事ではありません。お店側の要求に従う必要はありません。

なかなか辞めさせてくれないのなら、労働契約を確認しましょう。

労働契約に期間の定めがある場合、その期間が終了するときに自動的に辞められます。途中で辞める場合、「やむを得ない事由」があれば、お店側の合意がなくても辞められます。

期間に定めのない労働契約でしたら、いつでもどんな理由でも、2週間前に申し出れば辞められます。

あなたへのおすすめ

\この記事をSHARE/

-バイトの辞め方
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.