バイトの働き方

バイトの時給計算は15分単位?30分単位?

バイトの時給計算は15分刻み?30分刻み?

バイト先によっては、時給計算を15分単位としていたり、30分単位としているケースがあります。

15分単位だとすると、10分以下の労働時間は切り捨てられてしまうため、一生懸命バイトしても損してしまいますよね。

お店によってさまざまなルールがあるようですが、そもそも15分単位や30分単位は正しい計算方法なのでしょうか?解説します。

時給は1分単位で計算

原則として時給は1分単位で計算して、アルバイトに支払わなければなりません。

勤務時間は15分単位で計算し、14分以下の労働時間は切り捨て(計算されない)など、お店によっては勝手なルールを作っていることもありますが、これは違法です。

労働基準法(以下)にもある通り、労働時間は1分単位で計算し、1分単位で時給が発生します。

1日の労働時間は1分単位で計算しなければなりません。端数を切り上げることは問題ありませんが、切り捨てることはできません。

出典:労働基準法

※端数を切り上げるとは、「6分の労働時間を10分に計算する」などです。

たとえば、時給1,000円のバイトで3時間26分仕事をしたら、3,433円支払わなければなりません。「ウチは15分単位だから」と3時間15分の3,250円しか支払わなかったら違法となります。

よって、バイトの時給計算は15分単位でも、30分単位でもありません。1分単位です。

タイムカードで記録がない場合は?

バイト先によっては、タイムカードを押したあと、または押す前に仕事をさせ、その労働時間は記録に残っていないからと給料を支払わないケースがあります。

たとえば、タイムカードを押した後に「あと10分だけ仕事して!お願い!」と店長に頼まれることがあります。労働賃金を節約しようとしていますね。

この場合、時給はもちろん発生するので、1分単位で時給計算し、未払い分は請求ができます。

時給はタイムカードの時刻に関わらず、実際に働いた時間で発生し、支払わないと「賃金未払い」として請求ができるのです。

まとめ

バイトの時給は1分単位で計算します。端数は切り上げることはできても、切り捨てはできません。

お店によって10分、15分、30分単位で計算し、それ未満は切り捨てといった勝手なルールを作っていますが、これは「賃金未払い」で違法です。

タイムカードで記録がなくても、働いたら時給が発生しますよ。給料は1分単位で請求しましょう。

あなたのバイト先は大丈夫?「ブラックバイト」10の特徴

アルバイトの中には、学生の学業に支障が出るような職場環境であったり、違法性のある働き方をさせるバイトがあります。いわゆる「ブラックバイト」ですね。この記事では、ブラックバイトによくある特徴をまとめました。あなたのバイト先は大丈夫ですか?確認しましょう。

続きを見る

\【2019年9月最新版】/

求人サイトランキング

数ある求人サイトの中から、今人気のTOP3を紹介!バイト探しで迷っているあなたは要チェック!

第1位:マッハバイト

2019年ユーザー満足度No.1を獲得した求人サイト!マッハボーナスという独自のお祝い金制度があり、実際にこのサイトで10,000円をもらえました。

第2位:バイトル

人気アイドルのテレビCMでお馴染みの求人サイト。求人数が多いだけではなく、バイト先の雰囲気を動画でチェックできる機能もあり、探しやすさはバツグン!

第3位:アルバイトEX

「an」など20社以上の大手サイトの求人を一括検索できるモンスターサイト!ココで見つからなければ、もはや諦めるしかない!?

あなたへのおすすめ

-バイトの働き方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.