アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの働き方

バイトの時給計算は15分刻み?30分刻み?

投稿日:

バイトの時給計算は15分刻み?30分刻み?

バイト先によっては、時給計算を15分刻みとしていたり、30分刻みとしているケースがあります。

お店によってさまざまなルールがあるようですが、そもそも15分刻みや30分刻みは正しいのでしょうか?解説します。

時給は1分単位で計算する

原則として時給は1分単位で計算して、アルバイトに支払わなければなりません。

勤務時間は15分単位で計算し、14分以下の労働時間は切り捨て(計算されない)など、お店によっては勝手なルールを作っていることもありますが、これは違法です。

1日の労働時間は1分単位で計算しなければなりません。端数を切り上げることは問題ありませんが、切り捨てることはできません。

出典:労働基準法

たとえば、時給1,000円のバイトで3時間26分仕事をしたら、3,433円支払わなければなりません。「ウチは15分刻みだから」と3時間15分の3,250円しか支払わなかったら違法となります。

よって、バイトの時給計算は15分刻みでも、30分刻みでもありません。1分刻みです。

タイムカードで記録がない場合は?

バイト先によっては、タイムカードを押したあと、または押す前に仕事をさせ、その時間は記録に残っていないからと給料を支払わないケースがあります。

たとえば、タイムカードを押した後に「あと10分だけ仕事して!お願い!」と店長に頼まれることがあります。労働賃金を節約しようとしていますね。

この場合、時給はもちろん発生するので、1分単位で時給計算し、未払い分は請求ができます。

時給はタイムカードの時刻に関わらず、実際に働いた時間で発生し、支払わないと「賃金未払い」として請求ができるのです。

まとめ

バイトの時給は1分単位で計算します。

お店によって10分、15分、30分単位で計算し、それ未満は切り捨てといった勝手なルールを作っていますが、これは「賃金未払い」で違法です。

タイムカードで記録がなくても、働いたら時給が発生しますよ。給料は1分単位で請求しましょう。

あなたのバイト先は大丈夫?「ブラックバイト」13の特徴

続きを見る

あなたへのおすすめ

-バイトの働き方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.