試験監督バイトは楽?メリット・デメリットとは

2018年9月23日

試験監督バイトのメリット・デメリット

スポンサーリンク

試験監督バイトのメリット・デメリットをご紹介します。試験監督バイト未経験の方で、応募に迷っている方はご参考にしてください。

関連記事
試験監督バイトの仕事内容
試験監督・試験官バイトの仕事内容

試験監督バイトの仕事内容をご紹介します。資格・検定・テストなどの試験監督をする方は、ぜひ参考にしてください。

続きを見る

試験監督バイトのデメリット

試験監督のバイトは、

  • 朝の集合が早い
  • 仕事中は退屈
  • 出勤先が毎回異なるので不安

などのデメリットがあります。

試験監督バイトは、試験の開始前の準備から手伝います。試験は朝早くから開始されるため、朝早く起きられる人が向いています。現地集合が7時だとしても、その会場に行くまでの電車の時間などを考えると、相当朝が早いことが予想されます。

「朝早いのが苦手」「冬の朝は布団から出られない」といった人は、考え直した方が良いかもしれません。

試験監督バイトのメリット

試験監督のバイトは、

などのメリットがあります。

試験中はかなり暇で、試験監督員が困るような質問やトラブルは滅多にありません。

静かな会場で監視し続けるので楽ではありますが、逆に退屈に思えることも。ちょっと辛抱が必要ですが、人間観察が好きな人にはおすすめです。

スポンサーリンク

試験監督バイトの時給相場

試験監督バイトは日給制。半日なら5,000円以上、1日なら10,000円前後は期待できる、稼ぎやすいバイトです。仕事は土日・祝日に募集されていることが多いので、空いた休日を有効に使うことができます。

注意点は、「日払い」ではないこと。試験が終わってその場でお金を支払ってくれることはなく、後日、振り込みのパターンが多いです。すぐにお金が欲しい場合は、「日払い」の求人に応募しましょう。当日か翌日に現金が手に入りますよ。

まとめ

試験監督は、不正を未然に防ぐために監督をするバイトです。監視員がいることで、道を踏み外すことを思い留まらせることができる誇らしいバイトでもありますね。

求人は受験シーズンの1~3月がもっとも多くなります。働きやすくて稼ぎやすく、競争率が高い人気のバイトなので、見つけたらすぐに応募しましょう。

関連記事
単発バイトの探し方
単発バイトはどう探す?失敗しない単発バイト探しの基本

単発バイトを効率よく探すための手順をご紹介します。「一日だけ働きたいのに、バイトがなかなか見つからない」「初心者だから単発バイトのやり方がよく分からない」と悩んでいる人のご参考になります。

続きを見る

あなたへのおすすめ

-教育系のバイト

© 2020 バイトのススメ