スーパーのアルバイト志望動機の例文3つとポイント

2019年3月24日

スポンサーリンク

スーパーマーケットでアルバイトをするために必要な志望動機。志望動機とは、なぜバイトに応募したのかを問う質問です。では、スーパーのバイトに応募する場合、どのような志望動機を答えるべきか?その回答例文をご紹介します。

関連記事
スーパーのバイト面接
スーパーのバイト面接に落ちたらコレを読め!採用される3つのコツ

スーパーのバイト面接に落ちた時にチェックしたい、3つのポイントを解説します。これから面接に向かう人も、失敗談から学んでください。

続きを見る

スーパーのバイト志望動機の例文

スーパーのバイト応募に使える志望動機の例文を3つご用意しました。履歴書や面接の志望動機としてご活用ください。

例文1:レジ

私は人と関わることが好きで、接客業に興味があります。こちらのスーパーは普段から利用しており、いつもレジ業務のスタッフの方が笑顔で接客をしている姿を見て、私もここで働きたいと思うようになりました。お客様には明るく丁寧に接し、気持ちよくお買い物をしていただくよう努力しますので、よろしくお願いします。

スーパーのレジスタッフに応募する方が使える志望動機の例文です。「接客に興味がある」と伝えると好印象です。

例文2:品出し

私はコツコツと作業をすることが好きなので、スーパーの品出しの業務に興味があります。こちらのスーパーは家から近いため普段から利用しており、商品の種類や場所はある程度把握しております。具体的な陳列方法はアルバイトとして勉強させていただきます。よろしくお願いします。

スーパーの品出しスタッフに応募する方が使える志望動機の例文です。品出しはコツコツと作業することが多いので、「コツコツと作業ができる」と伝えると好印象です。

スポンサーリンク

例文3:バイト経験者

私はコンビニエンスストアで1年間のアルバイト経験があります。コンビニエンスストアのレジ業務では丁寧な接客を、品出し業務では見やすい陳列をするよう努力してまいりました。この経験はスーパーマーケットでも活かせると考えております。よろしくお願いします。

アルバイト経験者がスーパーに応募するときに使える志望動機の例文です。以前のバイト経験をスーパーに活かせることをアピールすると好印象です。

志望動機の答え方のポイント

スーパーの志望動機を答えるときは、

  • 希望の職種を明確にする
  • 希望の職種を選んだ理由を明確にする

ことがポイント。

スーパーのバイトには主に「レジ」「品出し」の2職種があり、どちらの職種に応募するか?を志望動機で明確にする必要があります。応募職種が分かれていない場合は、オールランドに動けることをアピールしましょう。

まとめ

アルバイトの志望動機として、「家から近いから応募しました」などの単純な理由を答えるのは不適切。なぜ、そのスーパーのバイトに応募したのか?が分かるような志望動機を答えましょう。

関連記事
スーパーの品出し(グロサリー)バイト
スーパーの品出しバイトはきつい?楽?元裏方スタッフの評判

スーパーの裏方のバイトについて、元品出しのアルバイト店員が解説します。裏方の仕事内容やきついこと、楽なことを中心にご紹介します。

続きを見る

あなたへのおすすめ

-スーパーのバイト
-

© 2020 バイトのススメ