アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの働き方

きつい!つらい!バイト6連勤って違法じゃないの?

投稿日:

きつい!つらい!バイト6連勤って違法じゃないの?

シフトの希望は週4日としていたのに、夏休みなどの長期休みになると人手不足を理由に、6連勤といった無茶なシフトを組まれることがあります。

たくさん出勤すればその分たくさん稼げますが、自分の希望とはかけ離れたシフトを組まれると出勤するのが負担になり、苦痛に感じますよね。

では、6日連続出勤といった無茶なシフトの組み方をされた場合も、シフト通りに出勤しなければならないのでしょうか?違法性はないのか?解説します。

シフトを一方的に決めるのは違法

基本的に、バイトのシフト(出勤日)は雇用主と労働者が協議して決めるものです。シフトを一方的に決める権限は、雇用主にも労働者にもありません。

たとえば、バイトであるあなたが「週4日勤務を希望」としているのに、バイト先が「週6日勤務」にすることはできません。

また、木曜から次の週の火曜日まで連続で働かせた場合、1週目は4日、2週目は2日勤務の6日連続出勤となり、希望に沿っていますが、双方が合意している場合を除き、常識で考えて認められません。

もし、バイト先が「6連勤」「8連勤」などの無茶なシフトを組んだとしても、それに拘束力はないため従う必要もありません。

完全週休2日を定めている場合

契約書や就業規則に「完全週休2日(毎週必ず2日間の休日がある)」と定めがあれば、これに反しない範囲でシフトを決めなければなりません。

完全週休2日を定めている場合、どういうシフトの組み方をしていても、5連勤を超えることは労働契約に反します。

よって、完全週休2日としているのに6連勤以上のシフトを組んだら、それに従う必要はありません。

まとめ

バイトのシフトは、雇用主と労働者が協議して決めるものです。

「6連勤」「8連勤」といった無茶なシフトを組んだとしても、それに従う必要はありません。「ちょっと変えてくれませんか?」「この日は用事があるので休みにしてもらえませんか?」などときっぱり断り、連勤を阻止しましょう。

シフトの融通が利くバイト
シフトの融通が利くバイトって何がある?おすすめはこの5つ

続きを見る

あなたへのおすすめ

\この記事をSHARE/

-バイトの働き方
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.