居酒屋のバイト

居酒屋のバイトを親が反対!どう説得する?

更新日:

居酒屋のバイト

条件の良い居酒屋のバイトを見つけて、いざ親に報告してみると、反対されることがあります。

せっかく居酒屋のバイトを見つけたのに、反対されたらちょっと不満ですよね。

では、バイトに反対された場合はどう対応するべきなのか?やはりあきらめて他のバイトを探すべきなのか…この記事で解説します。

親が居酒屋のバイトを反対する理由は?

親がバイトを反対する理由

居酒屋のバイトを親が反対する主な理由は、

  • お酒を提供するから不安
  • 厄介な客に絡まれたら嫌だ
  • 帰宅が遅くなるから心配

などです。

お酒関係のバイトはお客様の質が変わったりと、昼間のバイトよりリスクも多くなります。さらに、帰宅が遅くなることで物騒な事件に巻き込まれる可能性もあります。

高校生や未成年の大学生、特に女性であれば、両親は心配するでしょうね。

そもそも、居酒屋に限らず「アルバイト自体認めない」と親が反対する場合もあります。

親に反対されたときの説得方法

バイトに反対する親を説得する方法

反対される理由はともあれ、居酒屋のバイトを親に反対されたらどう説得すれば良いのでしょうか?

目標があることを話す

バイトをする理由があることを親にきちんと話せば、それ以上は反対されることはありません。

たとえば、「携帯の料金を自分で払いたい」などの目標があれば、親も納得するはず。

親が「何のために居酒屋のバイトを始めたいのか?」を理解してもらえるよう、もう一度話し合ってみましょう。

居酒屋の様子を見に行く

親をうまく説得する自信がなかったら、お店に一緒に行き、雰囲気を確認してもらうのも良いでしょう。

両親は、「自分の子がどんなお店で働くのか?」不安に感じているはずです。お酒を提供する居酒屋なら、なおさら心配するはず。

すでに面接まで終わっているのに親から反対された場合は、親に店長とあいさつしに行ってもらい、「信頼できる居酒屋だ」と言うことを理解してもらいましょう。

まとめ

居酒屋のバイトを親に反対された場合は、きちんとした目標があることを伝え、説得しましょう。親と一緒にバイトをしたい居酒屋に行き、店内の雰囲気を見てもらえば、親も安心します。

もし説得できなかったら、あきらめるしかありません。居酒屋以外にもあなたに合ったバイトは必ずありますよ。

おすすめ記事と広告

-居酒屋のバイト
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.