アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

アパレルのバイト 販売系のバイト

アパレルのバイト面接に「受かる人」と「落ちる人」の違い

更新日:

アパレルのバイトの面接

服が好きな人が憧れるアパレルショップのバイト。そんなアパレルショップのバイトは、どんな人が面接に受かり、どんな人だと面接で落とされるのか?ご紹介します。

アパレルのバイト面接に受かる人

アパレルのバイト面接に受かる人は、

  • 笑顔で挨拶ができる
  • 明るく話せる
  • 顔や服装の雰囲気がブランドに合っている
  • そのブランドが好きでよく知っている

といった特徴があります。

笑顔で挨拶ができる

アパレルのバイトは、お客様に笑顔で接客し、洋服を売ることがお仕事です。面接でも笑顔であいさつができている人は受かります。

明るく話せる

挨拶と同様に、面接で明るくハキハキ話せることも大切です。

アパレルの接客では、積極的にお客様に声を掛けたり、コーディネートのアドバイスをする場面があります。アパレルショップによっては、店頭での呼び込みもあるため、面接では明るく話せる人の方が受かります。

顔や服装の雰囲気がブランドに合っている

アパレルのバイト面接は、容姿で判断されることがあります。ショップ店員はブランドイメージに直結するため、そのブランドイメージにあっている人材は受かります。

そのブランドが好きでよく知っている

「応募先のお店によく行く」「どういう洋服を売っているか詳しく知っている」人は、意欲が面接官に伝わり、面接に受かります。応募先の洋服を1つも持っていなくても、何度も足を運び、店内の雰囲気をよく勉強しておきましょう。

アパレルのバイト面接に落ちる人

アパレルのバイト面接に落ちる人は、

  • 接客ができるか不安になる話し方
  • 店頭に立ってほしくない容姿
  • 通勤時間が長い
  • 総合的に見てほかの応募者の方が優れていた

といった特徴が挙げられます。

接客ができるか不安になる話し方

アパレルのバイト面接で自信のない話し方をしていると、面接官に接客ができるか不安を与えてしまい、落とされる危険があります。緊張する気持ちはわかりますが、なるべく明るく大きな声で話すようにした方が良いでしょう。

店頭に立ってほしくない容姿

店頭に立ってほしくないような身なり、容姿の人は、アパレルのバイト面接に受かるのは厳しいです。顔はどうすることもできませんが、面接時の服装や髪形が、取り扱う洋服のイメージと違っていると落とされます。

応募先のブランドでトータルコーディネートをする必要はありませんが、取り扱っている商品の雰囲気にあわせると好印象です。

通勤時間が長い

通勤時間が長いと、交通費が余計に掛かったり、遅刻の心配が残ります。自宅と勤務先があまりにも遠いと、面接に落とされる可能性が高くなります。

総合的に見てほかの応募者の方が優れていた

応募が殺到している人気のアパレルショップだと、どうしてもほかの応募者と比較されてしまいます。「通勤時間」「バイト経験の有無」「シフト」などを総合的に比較されて、ほかの応募者の方が優れていた場合は、落とされてしまいます。

志望動機で「このお店で絶対に働きたい」という意欲をみせましょう。

まとめ

アパレルのバイト面接では、明るく笑顔で話せる人が受かります。そのブランドのイメージに合った人材も受かりやすい傾向にあります。

応募が殺到している場合は、より通勤時間が短い人や、シフトにたくさん入れる人の方が受かりやすくなります。

残念ながらバイト面接で不採用となってしまった方は、上記を参考に、あきらめずに頑張って応募してくださいね。

アパレルバイトで洋服代を給料から天引きするのは違法?
アパレルバイトで洋服代を給料から天引きするのは違法?

バイト代が洋服代で消える!アパレルバイトでそのブランドの洋服を買わせたり、有料で貸し出すのは違法ではないのか?解説します。

続きを見る

あなたへのおすすめ

\この記事をSHARE/

-アパレルのバイト, 販売系のバイト
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.