バイトの探し方

バイトから正社員になる3つの方法と面接対策

バイトから正社員になる方法

どうすればバイトから正社員になることができるのか?その主な方法や、正社員になりやすい職種などをご紹介します。

バイトから正社員になる3つの方法

バイトから正社員になるには、

  1. (バイトをしている人は)今のバイト先で正社員になる
  2. 「正社員登用有り」に応募する
  3. 「正社員募集」に応募する

の3つの方法があります。

今のバイト先で正社員になる

今、あなたが何らかのバイトをしていて、その職場で正社員になるには、責任者に相談する必要があります。

個人経営のお店なら、働きぶりが評価されれば、店長に話して正社員になれるケースがあります。チェーン展開しているお店や大きな企業でバイトをしているなら、「就職試験」を受けます。試験内容は企業ごとに異なりますが、一般的には試験と面接が行われます。

バイト先で正社員になりたければ、まずは「正社員の募集をしているのか」「応募条件は満たしているか」などを確認しましょう。

「正社員登用有り」に応募する

「今はバイトをしていない」「バイトはしているけど、他の仕事で正社員になりたい」。こういった場合は、「正社員登用あり」か「正社員募集」の求人に応募します。

「正社員登用あり」とは、契約社員やアルバイトなどの雇用形態から、正社員へと転換する制度のことです。いきなり正社員として働かずに、しばらく非正社員として働き、1~2年後に試験を受けて、合格したら正社員になれます。

「まだ、正社員として働く自信がない」「その会社で本当に正社員として働いて大丈夫か」と不安なときは、正社員登用ありの求人に応募するのがおすすめです。

「正社員募集」に応募する

「ある程度の年齢が過ぎていて、もうバイトという雇用形態でゆっくりしていられない」…そんなときは、正社員募集の求人に応募します。

正社員として採用されれば、より責任のある仕事が任され大変ですが、給料や雇用が安定してします。

何よりも、正社員として雇用されれば、社会的にも一人前と認められるのがうれしいポイントですね。

バイトから正社員になれるまでの期間は?

今、あなたが何らかのバイトをしていて、その職場で正社員になるには、ある程度の経験を積む必要があります。期間はバイト先によって異なりますが、少なくとも1年は目安に考えてください。

企業によっては、1年ごとに正社員採用のための試験を一斉に行っていることもあります。試験などがない場合は、責任者に正社員になりたい旨を伝えてみてください。

未経験でも正社員採用が多い職種

バイト経験しかなくても、正社員として採用されやすい職種としては、「営業職」が挙げられます。

「営業」と聞くと、つらい、きついイメージがあるかもしれません。ですが、営業を経験すると、相手の考えを読む力やコミュニケーション能力が養えます。社会人経験も積めるので、転職にも有利に働きかけます。

営業職は未経験からの募集がたくさんあり、いきなり正社員として採用してもらえる場合が多いので、「とにかくすぐに正社員として働きたい」と思っている人におすすめです。

バイトから派遣社員になる注意点

バイトから正社員を目指す前に、「派遣を経験しておこう」と考える人がいます。

「派遣社員」と聞くと、バイトよりも格が上がった感じに聞こえますが、バイトと変わりありません。会社からの指示に従うだけで、実績経験が積めないうえに、能力も身に付きません。いつでもクビにできる、使い捨ての駒でしかないのです。

派遣社員で10年働こうが、就職のときには評価の対象に入りません。そんな回り道をするよりも、正社員を目指してください。

バイトから正社員になるときの面接対策

面接では何をチェックされるか?

バイトから正社員になるときの面接では、「仕事の意欲」をチェックされます。

正社員は、アルバイトと比較して時間的な拘束時間が多くなり、責任のある仕事も多くなるため、

  • 責任のある仕事はできるのか?
  • 正社員として長く働く覚悟はあるのか?
  • コミュニケーション能力はあるか?

などを見られます。

さらに、正社員はアルバイト以上に問題解決能力や他部署とのコミュニケーション能力を求められるため、このへんも面接でチェックされます。

面接でのアピールポイント

バイトから正社員になるためには、「アルバイトの経験しかありませんが、採用していただけませんか?」という、受け身の姿勢では採用されません。

今までにバイトでどのような仕事をこなしてきたかを伝え、正社員と同等のスキルがあることをアピールしましょう。

-バイトの探し方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.