アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの働き方

バイト中にケガをしたら治療費を払ってもらえる?

投稿日:

バイト中にケガをしたら治療費を払ってもらえる?

バイト中にケガを負ったら、治療費を支払ってもらうことはできるのでしょうか?

自分の不注意が原因とは言え、治療費でバイト代がすべて消えてしまったら悲しいですよね。多少でもバイト先に治療費を請求できるのか?解説します。

バイト中のケガは「労働災害」

バイト中のケガは「労働災害(労災)」のなかの「業務災害」にあたります。そのため、「労災保険」が下ります。

労災とは、仕事中にケガをしたり仕事が原因で病気になることを言います。労災と認められれば、治療費はバイト先が加入している労災保険から下ります。

労災保険は、労働者の業務が原因のけが、病気、障害、死亡(業務災害)、または通勤の途中の事故などの場合(通動災害)に、国が会社に代わって給付を行う公的な制度です。基本的に労働者を1人でも雇用する会社に適用され、保険料は全額会社が負担します。

出典:アルバイトを雇う際 - 確かめよう労働条件 - 厚生労働省

労災は、正社員や契約社員だけではなく、アルバイトやパートも対象です。

そのため、バイト中にケガをしたら治療費を払ってもらえます。それだけではなく、ケガで働けなくなった日の給料の代わりとして、約8割の給料を受け取れます。

ただし、わざとケガをしたり、よほどの不注意があった場合は労災と認められません。普通のミスなら労災と認められます。

労災として治療費を払ってもらうには?

バイト中にケガをして病院で受診するとき、窓口で労災保険を使うことを申し出てください。原則として治療費は無料となります。

もし、治療費を自分で立て替えてしまった場合は、あとから請求ができます。すぐに受診した病院に連絡し、労災であったことを伝えましょう。

バイト先の責任者にも労災申請の手続きを頼みます。

基本的に労災申請は面倒なので、店長などに頼むとすごく嫌な顔をしますが、そこは気にせず頼みましょう。

もし対応してくれなかった場合は、自分で申請することも可能です。最寄りの「労働基準監督署」に行き、事情を説明すれば手続きができます。この場合、病院の領収書などが必要なので、忘れずにとっておきましょう。

まとめ

バイト中にケガをしたら、バイト先が加入している労災保険から治療費を支払ってもらえます。自分の不注意でケガをしてしまった場合も対象です。

労災申請は、バイト先の責任者に頼みましょう。対応してくれない場合、自分で最寄りの「労働基準監督署」に行き手続きも可能です。

あなたのバイト先は大丈夫?「ブラックバイト」13の特徴

続きを見る

あなたへのおすすめ

-バイトの働き方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.