バイトの働き方

バイトの休憩中に店が混んで駆り出された!コレってあり?

バイトの休憩中に店が混んで駆り出された!コレってあり?

接客業のバイトの休憩中、お店が混んでくると「ちょっと手伝って」と駆り出されることがあります。

休憩中に働かされると十分に休めませんし、給料が発生しないケースも多いので、ちょっと不満に思いますよね。

では、バイトの休憩中に駆り出された場合、断ることができるのか?解説します。

休憩時間に働く必要はない

休憩時間の過ごし方については、労働基準法に「休憩時間に労働する必要はない」と定められています。

以下は、厚生労働省の休憩に関する説明です。

休憩時間は労働者が権利として労働から離れることが保障されていなければなりません。従って、待機時間等のいわゆる手待時間は休憩に含まれません。

(中略)

従って、昼当番で昼休みが費やされてしまった場合、会社は別途休憩を与えなければなりません。

出典:労働時間・休憩・休日関係|厚生労働省

基本的には休憩室で休ませておいて、お店が混んできたときだけ手伝って、と頼むのは法律違反です。同様に、休憩中にお客様からの電話対応をするようにお願いすることもNG。

こういった休ませ方は、休憩ではなく待機です。

よって、休憩中に駆り出された場合、断ることができます。

休憩時間に働いたらどうなる?

休憩中に働いた場合は、休憩時間をすべて労働時間とみなし、給料を請求できます。

たとえば、45分の休憩時間があり、そのうち5分だけお店のレジを手伝ったとします。この場合、45分の休憩時間をすべて労働時間とみなし、時給が発生します。

休憩時間に少しでも働かせたら、完全に仕事から解放されていないこととなります。つまり、「休憩時間」ではなく「労働時間」と見なすことができるのです。

もし休憩中に手伝うよう駆り出されたら、給料を支払うように店長に話してみましょう。

休憩中に働かないためには?

とは言え、休憩中に「ちょっと手伝って」とお願いされて「イヤです」と断れる人もなかなかいないでしょう。断るとバイト先と気まずくなって、働きにくくなってしまいますよね。

こういった場合は、休憩時間に外出するのがおすすめです。外に出てしまえば、手伝ってと言われる心配がありませんからね。

まとめ

労働基準法により、アルバイトが休憩時間に働く必要はないと定められています。

お店側はアルバイトが休憩しているときに、仕事から完全に解放される休憩時間を確保する義務があるのです。

少しでも働かされた場合は、「休憩時間」ではなく「労働時間」となり、給料を請求できます。

あなたのバイト先は大丈夫?「ブラックバイト」10の特徴

アルバイトの中には、学生の学業に支障が出るような職場環境であったり、違法性のある働き方をさせるバイトがあります。いわゆる「ブラックバイト」ですね。この記事では、ブラックバイトによくある特徴をまとめました。あなたのバイト先は大丈夫ですか?確認しましょう。

続きを見る

\【2019年9月最新版】/

求人サイトランキング

数ある求人サイトの中から、今人気のTOP3を紹介!バイト探しで迷っているあなたは要チェック!

第1位:マッハバイト

2019年ユーザー満足度No.1を獲得した求人サイト!マッハボーナスという独自のお祝い金制度があり、実際にこのサイトで10,000円をもらえました。

第2位:バイトル

人気アイドルのテレビCMでお馴染みの求人サイト。求人数が多いだけではなく、バイト先の雰囲気を動画でチェックできる機能もあり、探しやすさはバツグン!

第3位:アルバイトEX

「an」など20社以上の大手サイトの求人を一括検索できるモンスターサイト!ココで見つからなければ、もはや諦めるしかない!?

あなたへのおすすめ

-バイトの働き方
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.