アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの働き方

バイトの休憩中に店が混んで駆り出された!コレってあり?

投稿日:

バイトの休憩中に店が混んで駆り出された!コレってあり?

接客業のバイトの休憩中、お店が混んでくると「ちょっと手伝って」と駆り出されることがあります。

休憩中に働かされると十分に休めませんし、給料が発生しないケースも多いので、ちょっと不満に思いますよね。

では、バイトの休憩中に駆り出された場合、断ることができるのか?解説します。

休憩時間に働く必要はない

休憩時間の過ごし方については、労働基準法に「休憩時間に労働する必要はない」と定められています。

以下は、厚生労働省の休憩に関する説明です。

休憩時間は労働者が権利として労働から離れることが保障されていなければなりません。従って、待機時間等のいわゆる手待時間は休憩に含まれません。

(中略)

従って、昼当番で昼休みが費やされてしまった場合、会社は別途休憩を与えなければなりません。

出典:労働時間・休憩・休日関係|厚生労働省

基本的には休憩室で休ませておいて、お店が混んできたときだけ手伝って、と頼むのは法律違反です。同様に、休憩中にお客様からの電話対応をするようにお願いすることもNG。

よって、休憩中に駆り出された場合、断ることができます。

休憩時間に働いたらどうなる?

休憩中に働いた場合は、休憩時間をすべて労働時間とみなし、給料を請求できます。

たとえば、45分の休憩時間があり、そのうち5分だけお店のレジを手伝ったとします。この場合、45分の休憩時間をすべて労働時間とみなし、時給が発生します。

休憩時間に少しでも働いたら、完全に仕事から解放されていないこととなります。つまり、「休憩時間」ではなく「労働時間」と見なすことができるのです。

もし休憩中に駆り出されたら、給料を支払うように店長に話してみましょう。

まとめ

労働基準法により、アルバイトが休憩時間に働く必要はないと定められています。

お店側はアルバイトが休憩しているときに、仕事から完全に解放される休憩時間を確保する義務があるのです。

少しでも働かされた場合は、「休憩時間」ではなく「労働時間」となり、給料を請求できます。

あなたのバイト先は大丈夫?「ブラックバイト」13の特徴

続きを見る

あなたへのおすすめ

-バイトの働き方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.