アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの働き方

バイトで皿を割ったりレジのお金が合わなかったら補填させるのはあり?

更新日:

バイトで皿を割ったりレジのお金が合わなかったら補填させるのはあり?

飲食店でキッチンのバイトをしている学生であれば、お皿を割ってしまうことってありますよね。コンビニやスーパーのレジでバイトしているのであれば、精算時にお金が合わないこともあるでしょう。

こういった場合、バイト先がアルバイトに対して「食器を1枚割ったら罰金500円」「レジでお金が合わなかったら不足分を補填する」など厳しいルールを設けていることもあります。これでは一生懸命働いても、バイト代が罰金のせいでなくなってしまいますよね。

では、バイト先がアルバイトに対して罰金などを設けることは良いのでしょうか?解説します。

バイトのミスに対して「罰金」は無効

働く人のミスに対して、雇用主が罰金や弁償を求めることはできません。雇用契約書に罰金のルールなどが記載されてあったとしても、その契約自体が無効となるので、支払う必要はありません。

もちろん、働く人がふざけて皿を割ったり、レジのお金を盗んだ場合など、働き方に大きな問題があった場合は弁償しなければなりません。ですが、普通に働いていてしたミスに対して罰を課すことは許されません。

バイトがミスをするのはお店の責任

そもそも、バイトがミスをするのは、雇用主であるお店の責任です。

お店が忙しくて皿を割ってしまったのなら、忙しい時間帯に人員を増やさないお店が悪いのです。人手を増やせばアルバイトの負担が軽減され、皿を割るなどのミスも少なくなるでしょう。あるいは、割れない皿に交換すれば良いことです。

レジでお釣りを渡すミスをしてしまい、不足分が出てしまうようなら、自動精算のレジに変えれば良いことです。

お店側がミスの出にくい環境作りを怠ったせいで、バイトだけが全責任を負うのは理不尽です。お店が悪いので、バイトはお店の指示に従わないでください。

罰金を給料から天引きされたら?

もし、罰金を給料から勝手に天引きされたら、責任者に言ってきっちり返してもらいましょう。

罰金を給料から天引きすることは、「給料の全額払いの原則」に反するため、取り戻せます。

全額払いの原則
賃金は全額残らず支払われなければなりません。したがって「積立金」などの名目で強制的に賃金の一部を控除(天引き)して支払うことは禁止されています。
ただし、所得税や社会保険料など、法令で定められているものの控除は認められています。それ以外は、労働者の過半数で組織する労働組合、または労働者の過半数を代表する者と労使協定を結んでいる場合は認められます。

出典:労働条件・職場環境に関するルール|厚生労働省

厚生労働省の「労働条件・職場環境に関するルール」でも、強制的に賃金の一部を控除(天引き)して支払うことは禁止、とあります。

言いにくい場合は、「労働条件相談ほっとライン(外部サイト)」に相談することもおすすめします。

まとめ

バイトに罰金を命じることはできません。もしお店が罰金を命じてきても、従わないでください。罰金に応じず、お店が給料から勝手に天引きしたら、絶対に取り返してください。

そもそも、ミスをするような環境で働かせたお店側が悪いのです。その責任をバイトが負うのは理不尽です。

一度でも従うと、また同じようなミスをすると罰金を命じられます。ほかのアルバイトの子にも同じような指示をします。絶対にやめましょう。

あなたのバイト先は大丈夫?「ブラックバイト」13の特徴

続きを見る

あなたへのおすすめ

-バイトの働き方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.