学校に提出する「アルバイトの許可願い」の例文集

学校に提出する「アルバイトの許可願い」の例文集

更新日:

高校生などの学生は、アルバイトをする前に学校の許可が必要なことがあり、その際に「許可願い(許可証)」の提出を求められることがあります。

では、許可願いにはどんな内容を書けばよいのでしょうか?この記事で例文をご紹介します。これからアルバイトをする学生はもちろん、保護者の方もご参考にしてください。

「アルバイトの許可願い」とは?

「アルバイトの許可願い」とは、アルバイトに応募する前に、通っている学校に許可をもらう申請のことです。

許可願いを提出させる目的

アルバイトを許可制にしている学校側の理由としては、生計を立てるために学業の機会を奪ってはならないからだと考えられます。そのため、単なるお小遣い稼ぎであることを理由としてアルバイトをしようとしても、許可が下りません。

許可願いに書くべき内容

「単純にお金が欲しいから」では学業がおろそかになると学校側に判断され、許可が下りません。

許可願いには、

  • 経済的に困難である
  • 学業にも力を入れる

の2点を盛り込むのが理想的です。

「アルバイトの許可願い」の例文

アルバイトの許可願いの例文をいくつかご用意しました。書き方に困っている方は、引用してください。

例文1

家庭の経済的な理由により、家計の支援のためアルバイトの許可をお願い致します。

例文2

母子家庭のため経済的に厳しく、就学のための学費を稼ぐためにアルバイトをしたいと考えております。

例文3

貴校に通う○○(氏名)に置いては、将来を見据えて大学進学を考えています。しかし、家庭が経済的に困難であるため、家計の支援のためアルバイトの許可をお願い致します。

例文4

私〇〇は、家計の事情でアルバイトの許可を申請致します。これまで私は、他の生徒同様学業に励んできましたが、現在の両親の収入では大変家計が苦しく、私がアルバイトをすることで援助したいと考えております。学業にはこれまで以上に励みますので、アルバイトの許可をお願い致します。

例文5

家庭として経済的苦境にあり、現状を打開するため、家族の一員として自助努力の必要があります。どうかアルバイトの許可を戴きたく、ここに申請致します。なお、アルバイトは勉学に影響を与えない範囲とし、これまで以上に学業に励みます。

「アルバイトの許可願い」のサンプル

アルバイト許可願いの書式が学校で用意されていない場合は、以下のサンプルを参考に、パソコンなどで作成してください。

アルバイト許可願い

20××年×月×日

私〇〇は、家計の事情でアルバイトの許可を申請致します。これまで私は、他の生徒同様学業に励んできましたが、現在の両親の収入では大変家計が苦しく、私がアルバイトをすることで援助したいと考えております。学業にはこれまで以上に励みますので、アルバイトの許可をお願い致します。

生徒氏名
保護者氏名

サンプルを印字した用紙を封筒に入れ、学校の担任の先生などに提出すれば良いでしょう。

まとめ

学校によっては、アルバイトの応募前に「許可願い(許可証)」の提出を求められることがあります。

許可願いは、単なるお小遣い稼ぎではなく、経済的に困難であるからアルバイトをする必要があることを訴えましょう。そのうえで、学業に支障はないことを伝えると良いでしょう。

関連記事と広告

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2018 All Rights Reserved.