アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの働き方

お店がヒマだからとアルバイトを早退させるのはあり?なし?

更新日:

お店がヒマだからとアルバイトを早退させるのはあり?なし?

コンビニや飲食店などでバイトをしていると、「今日はお客さん少ないね。君、もう帰っていいよ」と店長などに言われることは珍しくありません。

早く帰れるのはうれしいですが、その分、バイトができなかったため減給されるのが心配ですよね。本当は帰りたくないのに、すぐに帰るよう促されることもあります。

では、お店がヒマだからとアルバイトを早退させるのは「あり」なのでしょうか?「なし」なのでしょうか?解説します。

早退させるのは自由

アルバイトをシフトの時間より早く帰らせるのは、バイト先の自由です。お客さんが全然来ない日に「早く帰っていいよ」ということは違法でもなんでもありません。

ですが、早退させても、バイト先はシフトに入っていた時間までの給料は支払うべきです。

たとえば、バイトが終わる時間まであと1時間あるのに、お店がヒマになり、店長から「帰って良い」と言わたとしましょう。この場合、お店の都合で帰らされたわけなので、本来働くべきだったあと1時間分の時給は、働かなくても支払われます。

もし支払わなかったら、「労働契約」に反します。

ちなみに、「早く帰ってよい」と言われても、この命令を無視して時間まで働くことができます。これも、労働契約によって守られているからです。

まとめ

お店がヒマだからとアルバイトを早退させるのはありですが、早退して働いていない時間分の給料は減らすことができません。

お店の都合で早退させられても、きちんと時間までの給料をもらいましょう。

もしお店が「早退して働いていないんだから、給料を払うはずがない」と理不尽なことを言ってきたら、労働契約違反で訴えてください。

あなたのバイト先は大丈夫?「ブラックバイト」13の特徴

続きを見る

あなたへのおすすめ

-バイトの働き方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.