アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

スーパーのバイト 販売系のバイト

ヤオコーのバイトの評判を友人に聞いてみた

更新日:

ヤオコーのバイト

関東県民にとって、親しみのあるスーパーの1つに「ヤオコー」があります。よくお店を利用する人であれば、バイトやパートがどんな感じかって、気になりますよね?

そこで今回は、実際に働いたことがある友人にヤオコーのバイトの評判を聞いて、仕事内容やきついところなどをまとめました。応募のご参考になれば幸いです。

次ページ「ヤオコーバイトのきついところ」

「ヤオコー(YAOKO)」とは?

ヤオコーのバイト評判

「ヤオコー(YAOKO)」は、関東地方にある大型のスーパーマーケットチェーン店です。

働く人の年齢層は、20~40代の主婦を中心に、夕方や休日には10~20代の学生が集まります。店舗によっては「高校生可」としています。

実際に働くときは、希望した部門で働きます。仕事内容はレジならお会計だけ、品出しなら商品陳列だけに集中できるので簡単です。

ヤオコーのバイト経験者の評判

ヤオコーで働けば、そのまま夕飯のお買い物をして家に帰れるので楽だった。
僕が働いているヤオコーは、16時から時給が150円アップします。ヤオコーって時給が高くないと思っていたけど、ちょうど学校終わりのタイミングで時給が上がるから、意外と稼ぎやすかった。
レジでパートとして働きました。レジの業務はお会計のみ。レジ袋もお客様にお渡しするだけだったので、袋詰めをする作業もありません。
身だしなみには厳しかったけど、はじめだけ。アクセスも楽だし、働いて良かった。
レジで、お客さんが何を買っているのか見て、「こんな献立かな?」と想像しながら仕事をするのが面白かった。
パートナーは6月と12月の年に2回、賞与がもらえます。アルバイトはもらえないみたいです。正社員のような金額ではありませんが、数万円が支給されました。

ヤオコーバイトの部門別の仕事内容

ヤオコーバイトの部門別の仕事内容

ヤオコーは、部門ごとにバイトの募集を行っています。

バイトの募集で多いのが

  1. レジ
  2. 生鮮
  3. 日配

の3つ。それぞれの仕事内容をご紹介します。

レジの仕事内容

レジ部門は、レジでのお会計や接客を担当します。基本的には商品のバーコードをスキャンするだけなので簡単です。

野菜などのバーコードがない商品も、分かりやすいタッチパネルで操作するので、難しいことはありません。

レジは自動精算なので、お釣りの計算は不要。お客様に渡されたお金をレジに入れれば、勝手にお釣りが出てくるので簡単。

生鮮の仕事内容

生鮮部門とは、「精肉・鮮魚・青果」などの売り場のこと。

それぞれの作業場で、加工やパック詰め、値札シール貼り、陳列、清掃などの仕事を担当します。裏方の仕事ですが、お客様からさまざまな質問や依頼を受けることもあるため、接客要素も多少はあります。

日配の仕事内容

日配部門は、ヤオコーの売り場で品出しや商品陳列を行います。力仕事が多いので、男性が活躍できます。重い物を運ぶこともあるので腕力が必要ですが、接客が少なくマイペースに働けます。

スーパーの品出し(グロサリー)バイト
スーパーの品出しバイトはきつい?楽?元裏方スタッフの評判

続きを見る

ヤオコーバイトのシフトの組み方

ヤオコーバイトのシフトの組み方

ヤオコーでは、バイトのシフトを部門ごと(レジならレジ部門だけ)に決めています。

通常であれば、毎月の中旬から下旬(15〜20日頃)にかけてシフトを提出し、月末に来月のシフトが発表されます。

家族や学校の行事で休むことは可能なので、日程が分かっていたら早めにシフトを作っている人に伝えておくこと。

また、スーパーで働くと、年末年始やお盆などの長期休みは、連休が取りにくくなります。日帰りで帰省するのが難しい主婦は、面接官によく相談しておきましょう。

次ページ「ヤオコーバイトのきついところ」

次のページへ >

あなたへのおすすめ

-スーパーのバイト, 販売系のバイト
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.