アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの働き方

バイトでも有給休暇はもらえる?条件や日数は?

更新日:

バイトでも有給休暇をもらえる?条件はある?

正社員や契約社員でよく聞く「有給休暇」。休んでいても、その日は給料がもらえる制度です。

では、この有給休暇はバイトでももらえるのでしょうか?条件はあるのか?解説します。

「有給休暇」とは?

有給休暇は、正式には「年次有給休暇」と言います。有給休暇は休んでいても給料が支払われる制度です。

年次有給休暇とは、労働者の休暇日のうち、使用者から賃金が支払われる有給の休暇日のことである。「年次」とある通り、1年ごとに毎年一定の日数が与えられる。

出典:年次有給休暇 - Wikipedia

有給休暇取得の目的や休暇中の過ごし方は自由です。もちろん、遊びに行っても何ら問題ありません。

体調が悪くて休みたいときに有給休暇を使ったり、あらかじめ有給休暇を申請して旅行する、などの使い方があります。

バイトでも有給休暇はある?

有給休暇は正社員や契約社員だけではなく、アルバイトでも一定の条件を満たせば対象になります。

有給休暇をもらえる条件

有給休暇をもらえる条件は、同じバイト先で以下の条件を満たしていること。

  • 6カ月間以上働いている
  • 8割以上出勤している

働き始めたばかりの人や、出勤日なのに風邪などを理由に休んでばかりいると有給休暇の対象になりません。

有給休暇の日数

有給休暇の日数は、出勤日数によって異なります。たくさん働いている人は有給休暇の日数が増えますが、あまり働いていない人は少なくなります。上限は年間20日です。

以下が、勤務日数に応じた有給休暇日数です。

有給休暇の日数

出典:https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

週間所定労働日数1年間の所定労働日数6カ月1年6カ月2年6カ月3年6カ月4年6カ月5年6カ月6年6カ月
4日169~216日7日8日9日10日12日13日15日
3日121~168日5日6日6日8日9日10日11日
2日73~120日3日4日4日5日6日6日7日
1日48~72日1日2日2日2日3日3日3日

たとえば、週2日、6時間のバイトを1年間していたら、年3日の有給休暇が取れます。

上記の有給休暇は法律で定められた最低日数なので、会社の規定で有給休暇がもっと多くなる可能性もあります。

有給休暇の申請方法

有給休暇は、いつでも好きなときに必ず取れるものではありません。

忙しい時期や人手が足りないときなど、お店側が有給休暇を取ってほしくない日もあります。この場合、お店側は有給休暇を拒否できます。

ですので、忙しくない時期を見計らって、店長やシフトを管理している人に、事前に「この日は有給休暇をとりたい」と申請しましょう。

お店によっては有給休暇をずっと拒否することがあります。拒み続けることは法律違反となるので、きちんと対応してもらうようにお願いしましょう。

まとめ

バイトでも有給休暇はあります。

基本的な条件は「6カ月間以上働いている」「8割以上出勤している」の2つ。あとは、勤務日数や年数によって変動します。

有給休暇を使う権利は2年間と期限があるので、対象の人は早めに取得しましょう。

あなたへのおすすめ

\この記事をSHARE/

-バイトの働き方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.