セルフサービスのカフェのバイト

カフェのバイト

セルフサービスのカフェバイトって楽?きつい?調べてみた

更新日:

セルフサービスのカフェ(喫茶店)バイトで、「仕事って楽?」「そもそもセルフサービスのカフェって何?」などの疑問を抱えていませんか?

応募の前って、何かと不安がありますよね。そこでこの記事では、セルフサービスのカフェバイトの実態についてご紹介します。

「セルフカフェ」とは?

カフェには、「セルフサービス」と「フルサービス」の2つのサービス形態があります。

「セルフ」と「フル」の違い

「セルフサービス」のカフェは、来店時のみ接客するのが特徴です。注文カウンターでコーヒーなどの注文を聞き、提供するスタイルです。

一方、「フルサービス」のカフェは、来店案内から片づけまで、お客様の一連の世話をするのが特徴です。「喫茶店」と呼ばれるのは、このスタイルのカフェ。チェーン店では「コメダ珈琲」が有名です。

セルフサービスのカフェの例

どのカフェも、一度は目にしたことがあるでしょう。

セルフサービスのカフェは、チェーン展開しているお店が多い傾向にあります。

セルフサービスのカフェの仕事内容

一般的な喫茶店(フルサービスのカフェ)では、「キッチン」と「ホール」のお仕事がありますが、セルフサービのカフェでは両方の業務をこなします。

  • オーダーの受付
  • お会計
  • ドリンク・フード作り
  • 店内清掃

仕事内容は幅広いですが、実際に働くときは「受注・お会計を行うスタッフ」と「ドリンク・フードを作るスタッフ」が別になっているので安心してください。

セルフカフェのバイトってきつい?

カフェの忙しい時間帯

セルフカフェでよくあるトラブルが、2人で来店しているのに、1品しか頼まない客への対応。

喫茶店ではなかなかないケースですが、セルフのカフェだと「カップルでコーヒーを1つしか頼まない」なんてケースがよくあります。

会社の決まりで、お1人様1品オーダー制となっている場合、こういった客に注意しなければならない点が、セルフサービスのきついところ。

また、喫茶店に比べて回転率が速く、早朝・ランチタイム・ティータイムに非常に混雑し、忙しくなります。

カフェのバイトのきついところ
カフェのバイトは意外ときつい!働く前に知っておきたい3つのこと

続きを見る

セルフカフェでバイトするメリット

  • 席に案内しなくて良い
  • 客が後片付けをやってくれる
  • まかないがある

セルフカフェは「席のご案内、商品を運ぶ、後片付け」などの仕事がない分、フルサービスのカフェに比べて楽です。

カフェで働けば、コーヒーについて詳しくなるメリットもありますし、おいしい「まかない」も食べられます。

また、「カフェで働いている」と言うだけで周りの友達、気になる異性に自慢できちゃいますよ。

カフェのバイトのメリット
カフェバイトの良いところ~働く4つのメリット

続きを見る

まとめ

セルフサービスのカフェとは、お客様自身がレジカウンターで注文するスタイルの喫茶店を指します。

フルサービスのカフェに比べて回転率が早いため、ピーク時には混雑し、忙しくなるかもしれません。でも、マニュアルがしっかり用意されているので、未経験者でも安心して応募できますよ。

カフェバイトのおすすめ比較
スタバ・ドトール・コメダ徹底比較!カフェバイトのおすすめは?

続きを見る

おすすめ記事と広告

-カフェのバイト
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.