アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイト応募のコツ

バイトの面接はスーツで行くべき?正しい着こなし術も徹底解説!

更新日:

バイトの面接にスーツで行く

バイトの面接でもっとも悩むのが「服装選び」。

高校生であれば制服か私服で臨めば良いのですが、大学生以上になると「スーツで行くべき?」などの疑問があるでしょう。

そこでこの記事では、「バイトの面接にスーツで行くべきか」と、「スーツを着ていく場合、どのようなポイントに気をつければ良いのか」を男女別に解説します。

面接で指定がなければ私服でOK

バイトの面接では、応募の時に服装の指定がない限り、スーツを着る必要はありません。

スーツを着ていくことで真面目な印象を与えることもできますが、バイト先によっては「なんでスーツなの?」と疑問に思われます。「普段通りの服装で」と言われたら、迷うことなく私服で臨みましょう。ただし、事務職をはじめとしたオフィスワークは例外で、特に服装の指定がない場合もスーツやオフィスカジュアルが好まれます。

不安であれば、応募先に「面接時の服装はスーツで行くべきでしょうか?」と確認の連絡を入れましょう。

スーツを指定された場合の着こなし術

バイトの面接のスーツの着方

スーツの着こなし方は、男女別で異なります。それぞれのポイントをチェックしておきましょう。

男性のスーツの着こなし

  • 黒や紺のダークスーツ
  • 白や薄いブルーの無地のシャツ
  • ストライプやドットのネクタイ
  • 黒や紺のベルト
  • ベルトと同色の革靴
  • 白以外のシンプルな靴下
  • ビジネス用のカバン

スーツの色は、ダーク系が基本です。グレーなどは避けましょう。スーツの一番下のボタンは掛けないこと。

ワイシャツはシワや汚れに注意。白いソックスもダメなので、スーツの色にあわせましょう。

ベルトと靴の色を合わせること。ベルトはあまり見えないので、どうしても見つからない場合は仕方ありません。靴は汚れがないように。カバンはビジネス用以外は不適切です。

最近は、スーツにリュックを背負うスタイルも流行していますが、面接の事務所に入るときには手に持っておくこと。

ネクタイは悩むところですが、派手な色や柄は避けましょう。落ち着いた色をベースにした、ストライプやドットなどのオーソドックスなネクタイが面接官に好まれます。

女性のスーツの着こなし

  • 黒や紺、グレーのスーツ
  • 白の無地のシャツかブラウス
  • パンツとスカートはどちらでも可
  • 黒のシンプルなパンプス
  • ストッキングは肌色
  • 化粧はナチュラルに
  • ビジネス用のカバン

女性の場合は、スーツの色はグレーでも構いません。スーツの一番下のボタンは掛けないこと。

インナーの色は白に近い服装を選びましょう。シャツやブラウスが基本ですが、スーツのデザインによってはカットソーなどの服装でも良いです。下着が透けないように、同色のキャミソールもお忘れなく。

スカートはひざ丈に。パンツであれば、ヒールの付け根よりも数ミリ下に裾がくるくらいがちょうど良い長さです。ストッキングは肌の色に近い方がナチュラル。

ビジネス用のカバンは、靴と同じ色であれば違和感がありません。メイクは健康的なイメージを演出するために、血色の良いナチュラルメイクで面接に臨みましょう。

まとめ

バイトの面接では、特に指定がなければスーツを着る必要はありません。オフィス系以外のバイトでは、私服で臨みましょう。

スーツは着こなしのルールが決まっています。着方が変だと面接官への印象が下がります。必ずルールに沿って着こなすこと。

スーツを持っていない場合は、この機会に買いそろえるのも良いですね。

あなたへのおすすめ

-バイト応募のコツ
-

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.