アルバイトの仕事内容・評判・面接対策の情報サイト

おすすめバイト情報サイト

バイトの働き方

バイトの休憩は何時間勤務でどのくらい与えられる?

バイトの休憩は何時間勤務でどのくらい与えられる?

長時間バイトをする場合、法律で休憩時間が与えられるように決められています。休憩は、正社員はもちろん、バイトにも与えられる権利です。

では、休憩時間は何時間バイトすると、どのくらい与えられるのか?解説します。

勤務時間と休憩時間の関係

勤務時間と休憩時間の関係

勤務時間と休憩時間の関係

与えられる休憩時間は、勤務時間によって変動します。

休憩時間の定め

以下は、労働基準法によって定められている勤務時間と休憩時間の関係です。

労働時間休憩時間
6時間以内与えなくても良い
6時間超~8時間45分以上
8時間超60分以上

働く時間が6時間を超える場合は最低45分間、8時間を超える場合は最低1時間の休憩が与えられます。休憩時間をこれより短くするのは違法です。

6時間以内のバイトであったら、休憩時間を与えなくても良いとされています。

どのくらい労働したら、休憩時間が与えられるのか?いくつか具体例を挙げます。

  • 4時間→休憩なし
  • 5時間→休憩なし
  • 6時間→休憩なし
  • 6時間30分→休憩45分以上
  • 7時間→休憩45分以上
  • 8時間→休憩45分以上
  • 8時間30分→休憩1時間以上

たとえば、7時間のシフトが入っていたら、勤務中のどこかで45分以上の休憩時間が与えられなければなりません。5時間であったら、休憩時間がなくても法的には問題ありません。

ちなみに、休憩時間は賃金が発生しません。

休憩時間の取り方のNG例

休憩時間の取り方のNG例

休憩時間の取り方のNG例

休憩時間は、バイトの合間に取らなくてはなりません。

たとえば、

  • 8時間を超える勤務だから、始業を60分遅らせる
  • 8時間を超える勤務だから、終業を60分早める

といった取り方はNG。

正しくは「4時間働いたら1時間の休憩をもらい、また働く」です。

必ず、勤務時間の途中で休憩を取るようにしましょう。

休憩中に働いた場合はどうなる?

バイトの休憩中に店が混んで駆り出された!コレってあり?

バイトの休憩中は、働かなくても大丈夫です。

ところが、お店が忙しくなったら休憩中に「手伝って」「電話出て」などと指示を受けることがあります。

休憩中は完全に仕事から解放されてなくてはならないため、この命令には従う必要はありません。

もし強制するようなら、休憩時間のすべてが労働時間となり、時給が発生します。働かされたら給料を請求しましょう。

まとめ

バイトで与えられる休憩時間は、勤務時間によって変動します。

勤務時間が6時間以内であれば、休憩時間を与えなくても良いとされています。6時間を超える場合は最低45分間、8時間を超える場合は最低1時間の休憩が与えられます。

バイトでも有給休暇をもらえる?条件はある?
バイトでも有給休暇はもらえる?条件や日数は?

アルバイトでも、正社員に与えられるような「有給休暇」はもらえるのか?取得するにはどういった条件が必要なのか?解説します。

続きを見る

\【2019年8月最新版】/

求人サイトランキング

数ある求人サイトの中から、今人気のTOP3を紹介!バイト探しで迷っているあなたは要チェック!

第1位:マッハバイト

2019年ユーザー満足度No.1を獲得した求人サイト!マッハボーナスという独自のお祝い金制度があり、実際にこのサイトで10,000円をもらえました。

第2位:バイトル

人気アイドルのテレビCMでお馴染みの求人サイト。求人数が多いだけではなく、バイト先の雰囲気を動画でチェックできる機能もあり、探しやすさはバツグン!

第3位:アルバイトEX

「an」など20社以上の大手サイトの求人を一括検索できるモンスターサイト!ココで見つからなければ、もはや諦めるしかない!?

あなたへのおすすめ

-バイトの働き方

Copyright© おすすめバイト情報サイト , 2019 All Rights Reserved.